kakifly100mのブログ

JALに課金するのが趣味 ここはわたくしの写真置き場 内容は無いよう(駄)

2021年12月 ベルリン ④ JL043 HND→LHR F 後編

自分記録によれば国際線ファーストは2019年1月以来、ほぼ丸2年ぶり

f:id:kakifly100m:20211225201742j:image

舞い上がってしまい機内食の写真が多め、その後半です

f:id:kakifly100m:20211225201807j:image

先述のガサガサとセロファンを開く洋食コースお魚料理を満喫

f:id:kakifly100m:20211225201831j:image

それでメインは終わったのだと思ったら、続けざまに「お肉料理もお持ちいたします」

『え、お魚料理の上にお肉もですか?』

f:id:kakifly100m:20211225201623p:image

これはもしや他に乗客がいなく暇を持て余した専任白服様による、おじゃる迷物こってりサービスか?

f:id:kakifly100m:20211225211111p:image

というのは勘違い、2020年春以降カンテサンスの監修が入ってから1品のボリュームを減らし

※ドリンクはお肉に合わせ赤ワインChateau Lagrange 2014にチェンジ

f:id:kakifly100m:20211221144334j:image

前菜メインとも魚肉両方をコースで楽しむ趣向(要するに書いてある物は全部食えとの方針)に変わったとのこと

f:id:kakifly100m:20211221144325j:image

メニューを見返して「お肉又はお魚からお選びいただきます」が消えていたわ、ほおぉぉなるほど

f:id:kakifly100m:20211221144306j:image

そしてキッチン担当がドヤ顔で仕上げた、柔らかな和牛フィレのポートワインとオレンジ風味が素敵なエピセソースを

f:id:kakifly100m:20211221144339j:image

全く台無しにするステーキ丼・山葵風味で掻き込んで1回目のメインコースは終了

f:id:kakifly100m:20211221144248j:image

通路を挟んだ1Dに寝具の用意をしてもらってしばしグースカピー

f:id:kakifly100m:20211221144245j:image

(その前に歯磨きに行った洗手間とギャレーの様子パチリ)

f:id:kakifly100m:20211221144253j:image

ゆっくり眠って、おめざにロイヤルブルーティー

f:id:kakifly100m:20211221144258j:image

くり抜いた林檎inフルーツで気分もスッキリ

f:id:kakifly100m:20211221144312j:image

到着2時間半前に早めの夕食を取ることにします

f:id:kakifly100m:20211221144401j:image

白服様とキッチン担当が食膳を整える間、デデンッと置いていかれたSalon 2007を手酌でぐびぐび

f:id:kakifly100m:20211221144251j:image

通常時は往路で何本搭載しているのか知らんが

f:id:kakifly100m:20211225203854p:image

以降ひとりで1本独占して手酌で呑んだくれるなんて、恐らくこの先二度とない体験ですな

f:id:kakifly100m:20211225211124p:image

支度が整って提供された、コース和食の後半をアレンジした和食膳

f:id:kakifly100m:20211221144331j:image

数日間はまともな和食も摂れないであろうと、ありがたくキャビア丼で頂戴しました

f:id:kakifly100m:20211221144327j:image

北欧諸国の上空を通過するあたり、お約束な「ここで降ろしてくれぇぇぇ〜〜」と心で叫びながら

f:id:kakifly100m:20211221144301j:image

林檎のマスカルポーネと苺アイスを食べて、機内サービスは終了

f:id:kakifly100m:20211226100638j:image

2日前RT-PCR検査陰性や到着客追跡フォーム入力その他もろもろ神経が擦り減る発券でしたが

f:id:kakifly100m:20211226101518j:image

その分を差し引きしてもなおBAGGLの皆さまほどではないですがおじゃる長距離搭乗者ならば、誰もが心ときめかす景色を見つめつつLHRへ到着