kakifly100mのブログ

JALに課金するのが趣味 ここはわたくしの写真置き場 内容は無いよう(駄)

2022年6月 ベルリン ⑪ JL529 HND→CTS J

6月の渡伯を8月まで引っ張ったこのシリーズの最終回です、中央アジア南回りJL44は無事に羽田空港へ到着

f:id:kakifly100m:20220721082206j:image

空港検疫当局の指示により乗客はしばらく機内で待機、まず初めに国際線乗り継ぎ客、次に国内線乗り継ぎ客、最後は乗り継ぎ無し客の順で降機

f:id:kakifly100m:20220721082230j:image

国内線乗り継ぎ客が降機に優先されたのは、わたくしのような地方在住旅客に朗報でした

f:id:kakifly100m:20220721082309j:image

しかし接岸した113番ゲートは、目の前に入管があるにもかかわらず

f:id:kakifly100m:20220721082239j:image

対象国コロナ検査・それ以外からの帰国者もク◯アプリMY SOSをチェックのため、空港検疫所のある141番まで逆行し、結果どのJAL到着便より長く歩かされる羽目に…
f:id:kakifly100m:20220721082221p:image

「こちらに並んでくださぁい」「パスポートをご用意くださぁい」だけ叫ぶ水際対策スタッフは、即刻ドアオープンのとこに配置してMY SOS 青判定旅客を確認と速やかな解放に尽力すべき

f:id:kakifly100m:20220728100557j:image

頭悪い動線とスタッフにプンスカしながら、入国審査を通り預け入れ荷物をピックアップすべくターンテーブル前に向かうと

f:id:kakifly100m:20220721082300p:image

予想通り、フリードリヒ通り、山階道理、待ち構えていたJAL地上が、わたくしのスーツケースはヒースローで行方不明宣言

f:id:kakifly100m:20220721082214j:image

LHRの大混乱は想定内、スーツケースに大したものは入れていないからヘッチャラ、無いものはないのだからアフターケアーは託して書類にサイン

f:id:kakifly100m:20220721082235j:image

ベルリン滞在最終日にアンズタケを買おうか悩んで、もし購入していたら悪くなって悲惨な事態だったかもしれない、買わずにセーフだったわ

f:id:kakifly100m:20220721082210j:image

7月から復活した第3ターミナルの国内線カウンターで乗り継ぎの手続きのち、無料モノレールで第一ターミナルへ移動

f:id:kakifly100m:20220721082226j:image

ダイヤプレミアラウンジでシャワー使って長旅の汚れもサッパリ、ワーキングスペースを確認から退出

f:id:kakifly100m:20220721082218j:image

千歳行きJL529は国際線機材772、SSⅢフルフラットのクラスJで寝こけて千歳に到着

f:id:kakifly100m:20220721082250j:image

デカいスーツケースがない分、身軽なバス移動で自宅に戻りました

f:id:kakifly100m:20220721082245j:image

行方不明で見つかるかどうかも分からん言われ、ロストを覚悟していたスーツケースも3日後は手元へ戻り

f:id:kakifly100m:20220721082318j:image

生きて還れば全て良し、これで感染療養を含めた約4週間のベルリン滞在は終了なり