kakifly100mのブログ

JALに課金するのが趣味 旅の記録は無事に帰ってナンボ

2022年4月 バーデンバーデン⑪ ICEで戻ります

ベルリンフィル復活祭コンサートは期間中ですが、希望の演目を聞き終えたわたくしバーデンバーデンを去ります

f:id:kakifly100m:20220512090029j:image

朝食後、ホテルチェックアウトのち市バス201番でバーデンバーデン駅へ

f:id:kakifly100m:20220512090017j:image

バーデンバーデン駅はイースターマンデー(イースター翌日月曜休み)を割り引いても駅舎が真っ暗

f:id:kakifly100m:20220512090354j:image

にゃんとこの日に限って信号点検のためバーデンバーデン⇄ラシュタットが運休、駅に誰もいないわけですわ

f:id:kakifly100m:20220512090032j:image

でも安心、この間は代替バスが用意され、やる気のない誘導員に案内されるまま代替バスに乗りラシュタットへ移動

f:id:kakifly100m:20220512090002j:image

全く油断ならないぜDB、しかしこんな事案でもないとラシュタットなんかに降りないし

f:id:kakifly100m:20220512090011j:image

経験値を積んだとして許してやる、そして謎の上から目線でベルリン行きICE2562に乗車します

f:id:kakifly100m:20220512090035j:image

ドイツが誇る国際特急ICEは電気系統が荒れていて自動ドアは手動、ご自慢のDB Wi-Fiも不通

f:id:kakifly100m:20220512085956j:image

スナックカー激混みのため、ビールとプレッツェルを買って自席に持ってきてひと休み

f:id:kakifly100m:20220512090020j:image

通過駅フランクフルトアムマインで野良Wi-Fiを拾い運行状況確認のあとは、ただひたすら車内で寝て過ごします

f:id:kakifly100m:20220523124819j:image

気がついた時はベルリン近郊、ドアもWi-Fiもダメダメですが

f:id:kakifly100m:20220512090005j:image

各駅からの乗り継ぎ案内が出るのは旅行者に助かります

f:id:kakifly100m:20220523125343j:image

ドイツが誇る国際特急ICEは安定の20分遅れでベルリン中央駅に到着

f:id:kakifly100m:20220512090023j:image

中央駅から在来線S7に乗り換え、ZOO駅へ移動

f:id:kakifly100m:20220523131456j:image

駅前のCurry 36のカリーブルストで小腹を満たし、お宿へ戻ります

f:id:kakifly100m:20220523131504j:image

2022年4月 バーデンバーデン ⑩ (復活祭その3)

滞在に含む日曜日はイースターに当たりました

f:id:kakifly100m:20220510083341j:image

ホテルの彼方此方にイースターに因んだウサギやヒヨコが飾られます

f:id:kakifly100m:20220510083410j:image

変わり映えない朝食の席もお祝いのヒヨコチョコ🐥

f:id:kakifly100m:20220510083335j:image

イースターだからといって腹が減らないわけではないので

f:id:kakifly100m:20220510083419j:image

午後はまたまたケーニッヒ、さすがに連日昼をケーキで代食するのもなんだかなーと

f:id:kakifly100m:20220510083416j:image

野菜不足も解消したく、ターフェルシュピッツ風サラダをオーダーしたところ

f:id:kakifly100m:20220510083413j:image

牛肉薄切りを何層もゼリー寄せした激しい一皿が登場

f:id:kakifly100m:20220510083407j:image

もちろん野菜もたっぷり、宿泊先ホリデイインより上等なパンも添えられ大満足な昼ごはんでした

f:id:kakifly100m:20220510083353j:image

コロナ明けとイースター休暇が重なり目ぼしい飲酒店が閉じていた旧市街で、キモ甘も食事も充実のケーニッヒは毎日お世話になったよ

f:id:kakifly100m:20220510083347j:image

そして夕方は少し早めに祝祭劇場へ、せっかくなので劇場の周囲を歩いてみます

f:id:kakifly100m:20220510083401j:image

エントランスこそ旧駅舎の古めかしさですが、回り込むとガラス張りのモダン建築

f:id:kakifly100m:20220510083355j:image

館内はエレベーター・スロープ・もはや誰も使わない体温計付き手消毒機も完備

f:id:kakifly100m:20220510083358j:image

イースター当夜はキリルペトレンコ指揮、チャイコフスキーのイオランタの演奏会形式

f:id:kakifly100m:20220510083344j:image

ペトレンコのやりきった感溢れる笑顔が印象的でした

f:id:kakifly100m:20220510083338j:image

パウゼ無しの約2時間、会場出口で無料配布のリンツチョコをむんずして

f:id:kakifly100m:20220510083404j:image

わたくしもやりきった感溢れてお宿でグースカピー

2022年4月 バーデンバーデン ⑨ (復活祭その2)

ホリデイイン・エキスプレスで2泊目、変わり映えしない朝食をもりもりいただきます

f:id:kakifly100m:20220510082609j:image

食後はルーティンとなった市内散策に出ます

f:id:kakifly100m:20220510082359j:image

街中の各所に水のせせらぎとお花達が満開、才能に恵まれた人は美しい光景を眺めて閃きを得るのだろうけれど

f:id:kakifly100m:20220510082338j:image

凡人なわたくし、ブログネタすら拾えずただぶらぶら歩くのみ…とほほ(徒歩だけに?)

 

先日までいたベルリンはまだしっかりしたコートが必要でしたが

f:id:kakifly100m:20220512081623j:image

バーデンバーデンは軽い羽織りものだけで充分な暖かさ

f:id:kakifly100m:20220510082318j:image

高級温泉保養地なのでカジノもあります

f:id:kakifly100m:20220510082335j:image

旧市街の真ん中あたりに市役所とフリードリヒスパ

f:id:kakifly100m:20220510082341j:image

スパは1人で行くのがハードル高いのと、感染が怖くて行けなかったけど

f:id:kakifly100m:20220510082353j:image

次は演奏会と関係なく、冬場に友人と来て温泉三昧したいものよ…

f:id:kakifly100m:20220510082350j:image

などと妄想しながらこの日もカフェケーニッヒへお邪魔します

f:id:kakifly100m:20220510082320j:image

オーダーしたのはシトロントルテ、一見大人しそうなレモンタルトですが

f:id:kakifly100m:20220510082403j:image

分厚いレモンカードとメレンゲの層が、前日のシュバルツバルダーキルシュトルテに勝るとも劣らぬ凶暴な質量

f:id:kakifly100m:20220510082332j:image

またも夕食不要、食後は売店イースター迷物ひよこチョコを1枚購入して撤収

f:id:kakifly100m:20220510082323j:image

そしてホテルに戻り、シャワー浴びて着替えて

f:id:kakifly100m:20220510082347j:image

夜(てか復活祭コンサートは毎回18時スタートだから夕方気分)はフェストシュピールハウス

f:id:kakifly100m:20220510082343j:image

アンドリアスネルソンス指揮で前半はバインベルグのトランペット協奏曲

f:id:kakifly100m:20220512083345j:image

ペットのバーデンベルガーがチョイ悪な感じ

f:id:kakifly100m:20220510082759j:image

後半はストラビンスキーの春の祭典、Wティンパニーがドコドコドーンと夕食抜きの腹底に響きます

f:id:kakifly100m:20220510082756j:image

振り終えてドヤ顔のネルソンス、体積は握手する大進の2倍はあるかも?

f:id:kakifly100m:20220510082329j:image

演奏会後は徒歩3分でお宿へ戻り、小腹が空いてプレッツェルと長崎から空を渡ったうに豆でひと休み

2022年4月 バーデンバーデン ⑧ (復活祭その1)

これ以降ブログ3本はバーデンバーデンで過ごしたあれこれの記録です

f:id:kakifly100m:20220510081730j:image

【誰得】1階の製氷器は氷を受け取る入れ物がありません、部屋の電気ケトルを持って行って氷入れにすると良いでしょう

f:id:kakifly100m:20220510081408j:image

ごく一般的なドイツ朝食をいただき、柔らかい春の日差しのなかを散歩

f:id:kakifly100m:20220510081353j:image

旧市街へ続くランゲ通りの小川添いは緑がムッとするほどに萌え萌え

f:id:kakifly100m:20220510081423j:image

ひときわ目を引く八重桜、ちょうど満開でした

f:id:kakifly100m:20220510081414j:image

道なりにトリンクハレが現れます、通常ならここで温泉水をフリーで飲めるらしいですが

f:id:kakifly100m:20220510081405j:image

残ながらコロナ感染対策で飲泉は停止中、無理に飲まんでいいけど

f:id:kakifly100m:20220510081402j:image

壁のフレスコ画を横目にトリンクハレを通過

f:id:kakifly100m:20220510081417j:image

ぶらぶらと旧市街へ向かいます

f:id:kakifly100m:20220510081427j:image

そしてお目当てのカフェ・ケーニッヒへ突入

f:id:kakifly100m:20220510081327j:image

表のお菓子売り場は素敵なキモ甘がいっぱい♡

f:id:kakifly100m:20220510081356j:image

オーダーされ提供を待つキモ甘達…じゃなくてお菓子達

f:id:kakifly100m:20220510081359j:image

空いている席に座り、コーヒーと3年ぶりの黒イモリ…

f:id:kakifly100m:20220510081335j:image

黒い森こと、シュバルツバルダーキルシュトルテでひと休み

f:id:kakifly100m:20220510081332j:image

ひと切れがあまりにもデカいため、ケーキが昼ごはんになっちゃいました

f:id:kakifly100m:20220510081350j:image

ホテルに戻り身を整えて、夜は祝祭劇場へ向かいます

f:id:kakifly100m:20220510081330j:image

演目はチャイコフスキーのオペラ「スペードの女王ベルリンフィルがオケピに収まる図は滅多に見られない光景

f:id:kakifly100m:20220511163442j:image

幕間のパウゼにオリジナルゼクトPique Dameを1杯グビグビ

f:id:kakifly100m:20220511163452p:image

肝心のオペラの詳細な感想はいつも通りにスルーして、髭のペトレンコが満面の笑顔だったことと、ヒロインのリザがバスルームで殺される演出と

f:id:kakifly100m:20220510081324j:image

見切れていますが、左側の(若い時分パリで散々遊び倒した)老伯爵夫人の赤い打ち掛け衣装が、モネのLa Japonaise みたいで

f:id:kakifly100m:20220511163920j:image

カジノ・浴場・発展場=ベルエポック3点セット設定が、高級温泉保養地バーデンバーデンでアリだなぁと感心しました

2022年4月 バーデンバーデン ⑦ 泊まったホテル

次も泊まるか分からんけど、未来の自分用にバーデンバーデンで利用したホテルの記録です

f:id:kakifly100m:20220430125620j:image

何を今さら言うか、今回は毎年4月にバーデンバーデンで開かれるベルリンフィルハーモニー主催の復活祭コンサートが目的でした

f:id:kakifly100m:20220509112459j:image

主会場たる旧駅舎をリノベしたフェストシュピールハウスまで

f:id:kakifly100m:20220430125553j:image

短時間で会場へ到達可能であり、且つ宿泊費が高騰するイースター休暇と音楽祭中に如何に安価な宿泊費であるか

f:id:kakifly100m:20220430125612j:image

考えて考えてテキトーに予約をしたのがホリディインエキスプレス・バーデンバーデン

f:id:kakifly100m:20220430125606j:image

特筆すべき室内設備は電気ケトルとコーヒーセットがあるだけで、浴室はシャワーのみ、バスタブ無し、冷蔵庫も無し

このことはホテル予約サイトの口コミで確認済

f:id:kakifly100m:20220430125603j:image

南部ドイツの温泉で名を馳せるバーデンバーデンは地熱の影響もあってか、4月でも時に札幌の夏なみに気温が高く、バスタブが無いのはエエとして冷蔵庫が無いのは致命的かと思われましたが

f:id:kakifly100m:20220509113329j:image

写真撮り忘れしましたけど(ブログやっててそっちが致命的)1Fエレベーター裏に製氷機があり24時間無料で氷が得られ、またフロントで冷えたビール・ソフトドリンクが購入可(例ラードラーは1本€3.8)

 

とりあえず冷たい飲み物は確保、暑さはこれでなんとか凌げましたぜ、ふぅぅ

f:id:kakifly100m:20220430125555j:image

田舎のお宿らしく宿泊費に含まれる無料朝食はドイツ式1階で提供されます

f:id:kakifly100m:20220430125550j:image

ポップでカジュアル、いかにもIHGエキスプレスなインテリア

f:id:kakifly100m:20220430125601j:image

飲食の内容はパン・ハム・チーズが数種類、棚の手前の自分で切るパンはホールコーン系です

f:id:kakifly100m:20220430125615j:image

野菜は胡瓜・トマト・パプリカに薬味のネギやピクルスが申し訳程度に置いてあります

f:id:kakifly100m:20220430125617j:image

果物はバナナと青リンゴ、わたくしがあまり手を出さないシリアルやジャムのコーナーもパチリ

f:id:kakifly100m:20220430125558j:image

4泊通して朝食の内容は全部同じ、豪華ホテルの豪華朝食に慣れた方々には御不満かもしれませんが

f:id:kakifly100m:20220430125645j:image

わたくしには日常の朝食なのでホッとしますし

2022年1月 ベルリン ⑦ ベルリンぶらぶら(2) - kakifly100mのブログ

その上ゆで卵まで付いちゃって大満足なのでした

2022年4月 バーデンバーデン ⑥ ICEで移動します

ベルリンで2泊してやっと本題のバーデンバーデンです

f:id:kakifly100m:20220430122109j:image

この回は移動のあれこれを振り返り、まずはZOOからSバーンでベルリン中央駅へ

f:id:kakifly100m:20220430122115j:image

Hbf内は2〜3月ほどではないにせよ、毎日避難してきたウクライナ人がたくさんいらっしゃいました

f:id:kakifly100m:20220505095135j:image

現在ウクライナ難民はEU圏内と、この図域内ならばどこまでも無料で移動可能

f:id:kakifly100m:20220430122139j:image

駅構内の各所に難民ボランティアの表記、あゝこの辺りは戦争が近場なのだ…と思い知ります

f:id:kakifly100m:20220430122124j:image

フライトタイム減と航空券代・燃サを下げるためにも、戦争は早く終結してほしいヅラ

f:id:kakifly100m:20220430122130j:image

渦中の方々に申し訳ないほど能天気に、乗り継ぎ駅カールスルーエまでドイツが誇る国際特急ICEインターラーケン行き371に乗車します

f:id:kakifly100m:20220430122127j:image

ヘッドカバーにファースト書いてありますが、ドイツ国内ICEの場合ファーストはただの事前指定が出来るていどの区画です

f:id:kakifly100m:20220430122133j:image

車内食サービスもないので、スナックカーからコーヒー買ってきて自前のキモ甘タイム

f:id:kakifly100m:20220505100523j:image

暇な車内ではめっちゃ遅いDB WIFIから長崎男にアホな質問してみたり、便利な時代でござる

 

f:id:kakifly100m:20220430122408j:image

そしてドイツが誇る国際特急ICE371は、大威張りで(実際には30分以上)遅れてカールスルーエに到着

f:id:kakifly100m:20220430122103j:image

遅れたせいで、そこからまた1時間近く待たされてSバーンに乗り継ぎ

f:id:kakifly100m:20220430122106j:image

イースター休みの旅客で座る場所もない車内から2駅目でバーデンバーデンに到着

f:id:kakifly100m:20220430122112j:image

自販機で€2.8の1回券を買い、バス201番で旧市街へ向かいます

f:id:kakifly100m:20220505101818j:image

ベルリンのホテルを出てからバーデンバーデンのお宿まで約9時間、体感として長距離電車移動は

f:id:kakifly100m:20220430122121j:image

エコノミー国際線フライトより疲れるのでした

2022年 4月 バーデンバーデン ⑤ ベルリン寄り道

ブログタイトルにデカデカとバーデンバーデンを上げてるくせに

f:id:kakifly100m:20220425153132j:image

移動の都合上ベルリンに2泊したまとめです

f:id:kakifly100m:20220425153129j:image

到着翌日の昼ごはんは大衆デパート・カールシュタッド最上階で気軽なシュパーゲル

f:id:kakifly100m:20220425153122j:image

お値段通りで少なめ、わたくしにはちょうどよい量でした

f:id:kakifly100m:20220430113425j:image

いちおうベーリッツ産ではあるものの、4月初めのシュパーゲルはまだ旬には早いかにゃ〜

f:id:kakifly100m:20220425153135j:image

もう少し後のシュパーゲルに期待を残しつつ、夜はフィルハーモニー

f:id:kakifly100m:20220425153139j:image

この日はフィルハーモニーを間借りして、シュターツカペレのフェストターゲ

f:id:kakifly100m:20220425153146j:image

カペレマイスターでフェストターゲ主催のバレンボイム先生指揮、前半はチェチーリアバルトリのイドメネオから「どうしてあなたを忘れられよう」

f:id:kakifly100m:20220425153142j:image

やはりモーツァルトの2台のピアノ365を、マルタアルゲリッチとの弾き振りで2本立て

f:id:kakifly100m:20220425153118j:image

昨年末から休養と再登場を繰り返し健康面で不安を抱えたバレンボイム先生ですが

なんと本番さなかに循環器(心臓?)の調子が悪化し、まさかの途中降板

当日の本番後半のこと、指揮者の代役が出るわけもなく演奏会はそのまま終了

f:id:kakifly100m:20220425153125j:image

このプログラムは前半のバルトリアルゲリッチだけが楽しみで、後半ブルックナーは鼻ホジでしたから、演奏会後半のキャンセルは個人的には気にしませんけれど

f:id:kakifly100m:20220430115748j:image

2022〜2023も予定がモリモリなバレンボイム先生、特に10月からのリングチクルスは大丈夫でしょうか、ご回復を祈ります